運命の結婚相手を見つけるためにやっておきたいこと

運命の人に会うために

自分を知らないと相応しい相手は見つからない

「赤い糸」は、もともとは中国の伝説で運命の男女は足首を赤い糸で結ばれていると言う内容ですね。
日本では足首ではなく小指になっており、なぜかこの赤い糸には世界的にまつわるお守りの様な迷信もあるようです。
赤い糸の伝説に係わる「月下老人」というのが男女の仲を取り持つ存在と言われ、日本でもお仲人さんを「月下氷人」などと言う事は知っている人も多いですね。
伝説の中でなかなか良い縁に出会わない人物がこの「月下老人」に運命の人はまだ幼女と言われ出会うまで14年もの年月がかかったようですが、これは物語ですから実際占いでその様に予言されたとしてもそれを信じてただ待つことはあり得ないお話です。
ですが良い出会いを求める気持ちはいつの時代の男女でも同じだという事がわかる伝説です。
仲の良いカップルや、お似合いのご夫婦を見ると何か雰囲気が似ていたり、センスにも共通点があったりするとは思いませんか?
若い時は色々な人と出会いますが、惹かれあう二人は境遇が似ていたり、考え方が共通していたり自分に相応しいと思える人と結ばれることが多いようです。
その出会いを運命の出会いと呼び、より良い結婚を願うのであれば当然自分を磨くことが大事と気づきますね。
自分をどんな風に磨いていったらよいか、なかなか難しいですが、知性であったり、品性であったり、一日ではできない事ですから若い日々を色々学びながら生きていくことも大事です。
同時に出会いのチャンスを見つけることも必要ですね。
運命の結婚相手を見つけるためにはどんな努力が必要か一緒に考えていきましょう。

TOPへ戻る